Skip to content

・無理なく美しく脱毛するためには

もし脱毛サロンに通う決心が固まったら、契約書にサインする前に、予約方法について説明を受けておきましょう。たとえば予約方法が電話のみの脱毛サロンだと仕事やプライベートで忙殺されて予約電話ができずズルズルなどという事態に陥りがちです。脱毛サロンの予約がスマホからできたら、ちょっとした合間に予約できるので、いつのまにか通わなくなるなんてことにはならないでしょう。

無理なく美しく脱毛するためには、脱毛サロンにしばらく通う必要があるので、施術の予約がとりやすいかどうかはサロン選びの重大要素のひとつです。
最近、脱毛サロンを比較したランキングサイトはいくつもあり、それぞれ興味深いです。

ただし、脱毛サロンの何を比較しているのかをきちんと把握することが不可欠で、鵜呑みは禁物です。サービス、価格、効果などの要素でも、簡単に脱毛サロンの順位は変わるわけです。比較の基準は、利用する上で何を重要視するのかと考える材料になるはずです。

全身脱毛に必要な日数は、二年あるいは三年も必要なのですから脱毛サロンの選択はじっくり行いたいものです。料金だけでなく、通いやすさや接客態度、予約がとりたいときに取れるか等、条件にあうサロンを見つけましょう。

それから、続けられなくなったら解約手続きが支障なく行えるかも契約前に確認すべき点となります。毛抜きを使っての細かい作業でムダ毛の処理をする人もいますが、時間も労力もたっぷりかかるのに、肌を痛めつけてしまいます。
そこから埋没毛や炎症へと繋がるので、できることなら違う脱毛方法でムダ毛をなくすようにしましょう。

それでも毛抜きにこだわりたい!というあなたは、毛穴が開くバスタイムに綺麗な毛抜きを使って脱毛し、さらに忘れてはいけないのが保湿です。

ときどき見かけるのが、お手頃価格を通りこしているのではと思えるような安すぎる脱毛器。ただ、よほど用途を限定している人やムダ毛が薄い人を除いては、ほとんどの場合は期待はずれのようです。効果があってこその脱毛器ですから、安くて使えないものに費用はかけず、自分の希望にあった性能を持った製品を選んだほうが、得るものが大きいでしょう。価格的には高くても、思うような脱毛効果が得られなければお金を溝に捨てるようなものです。

これが脱毛器なんだなと効果を実感できる商品を選んでください。

医療脱毛は高い、という先入観があるかもしれませんが、ここ数年、そのかかる費用もかなりダウンしてきており、以前と比べると、気軽に受けることができるのです。

安くなったとはいえ、脱毛を行うサロンやエステでのサービスと比べてみると、高いと実感することがたくさんあるかもしれません。

それと、どう考えても安過ぎる価格でサービス提供を行っているようなところは施術を行う者が技術的に低レベルだということもあるでしょう。託児スペースが用意された脱毛サロンとなると、今のところ多いとは言えません。そして、託児所が併設されていないサロンでは、入店時に子供同伴だとだめだと言われる可能性が高いです。

とは言え、たとえサロンに託児所が用意されていなくても、店舗の立地がショッピングモール内だとしたら、選択肢が広がり、モール内の託児施設が利用できる可能性もあります。

人より毛深いのであれば、10回以上の多いコースにしましょう。
普通は脱毛箇所ごとに回数とコースによって分けられていますが、毛深い人であれば少し回数の多いコースでないと、毛が抜け始める前に回数の上限がきてしまったり、前より細くはなっても、すぐに生えてきてしまいます。一言で「脱毛」と言ってもサロンの施術は再び生えないことが目的ではない為、回数を多くする程に効果は上がります。脱毛できる(と言っている)機器の中には、思ったような効果が得られないようなものもあります。ちょっと飛び抜けて安い脱毛機などは、自分が思っているとおりの脱毛方式なのか、効果があるのか、実際に失敗した例もあるので、納得いくまで調べた上で購入しましょう。

信頼できる製品の下位バージョンなどは問題ないですが、それ以外の、ただ安い脱毛器具の場合、使ってみたら痛いし調整もできない、焼くときのニオイが不快、音がうるさすぎなど使用するのにはちょっと難アリだったという声がよく聞かれます。安い価格にはそれなりの効果とデメリットがつきものだと思い、本当にそれで良いのかよく考えてみるべきでしょう。
イーモは2連射モードが可能で、比較的お手頃価格で購入できる家庭用脱毛器です。サロンでもおなじみのフラッシュ脱毛方式を採用しています。

特筆すべきはそのコスト。1つのカートリッジで約6
000回照射できるため、1照射につきわずか1.4円。安くて済みます。
照射してから次の照射ができるようになるまでは10秒待たなければいけないのですが、ダブルショットモードで2連射することもでき、自己処理にかかる時間を短縮することができます。機能を強化したイーモリジュという後継機が発売されましたが、おかげでいまなら在庫扱いでお手頃価格で販売しているお店もあります。高出力は痛くて苦手とか、肌に負担をかけずに脱毛したい方には、最新モデルより、イーモのコストと価格のほうがメリットがあるかもしれません。

Published in日記