Skip to content

この頃肌の衰えが目立ってきたかもしれないそう

この頃、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、そう感じる方にはスキンケアでエイジングケアをしましょう。最も効果がある方法は高い保湿効果のある化粧水でお肌に潤いを取り戻すことです。

乾燥はシワの原因になるので、ヒアルロン酸などがしっかりと入った化粧水で、十分に潤いを与える事が大事です。脱毛サロンでは殆どの場合、生理期間中の脱毛については、行わないことが多いようです。そうは言っても、脱毛サロンが百パーセント生理期間中の施術をしないと決めているのではなく、気になる人は契約前に確認しておくと良いです。生理中は肌トラブルが起こりやすいため、施術を受けるのは、できれば止しておきましょう。

それに、アンダーヘアの脱毛は汚れたり、感染の危険もありますから、施術を受けることはできません。電気シェーバーでの脱毛は、すぐにできますし、それほど肌への負担がありません。
エステの脱毛や脱毛サロンの前の自己処理に炎症を起こしにくい電気シェーバーで、と助言されることが多いと思います。

ただし、少しも肌に負担をかけないというものでもないため、アフターケアはしっかりとしましょう。

やっと脱毛が終わったと思っても同じところに毛が生えてくることは珍しくありません。その理由は、サロンの脱毛だと永久脱毛とは違い、何十年後にも効果がまだ続いてるという保証はないのです。

かと言って生えてきた毛が元々の太い毛であるとかの可能性は少なく、当然、脱毛をしない人よりも手間も省け、かなり楽になると言えます。
ほぼ生えてきてない人も多いため、たとえ永遠に生えてこないとは言えずとも、十分すぎる効果は得られるでしょう。稀なこととはいえ、脱毛施術の後に、施術を受けたところが炎症を起こすこともあります。それは、脱毛に使う機器の出力が脱毛を受ける側の人にとって高すぎたことで起きます。

それを回避するために、その人の肌に合わせて出力のレベルを調節しています。

何回か脱毛を受けていけば肌に合わせた調整が出来るようになるので、脱毛したところに異変が現れたときには必ず伝えてください。

現在、ピルを飲んでいる場合も、原則、脱毛はできます。ただ、ピルが体内のホルモンバランスに関わっていくことで、施術箇所のムダ毛の量が不安定になったり、肌はいつもと比べてデリケートです。そのため、脱毛サロンによっては、施術時に照射される光に起因して脱毛した箇所にシミが引き起こされる可能性があるため、日常的にピルを飲んでいる人への施術はお断りすることもあるようです。
脱毛サロンでの施術が主な光脱毛と脱毛クリニックが提供する医療レーザー脱毛で異なる点は、施術にどのような機器を導入できるかにあります。

光脱毛の場合は照射する光の強さを一定出力まで制限しますが、医療レーザー脱毛の場合はよりパワーのある光を照射可能な施術となります。なぜなら携わるのが医師免許を持つドクターで「医療行為」に値する施術ができるからであり、脱毛サロンでレーザー脱毛を手掛けることができないのはここに起因するのです。

頭がぼんやりとした状態で光脱毛を実施するといつもより強い痛みを感じることがあるでしょう。
その際は、照射レベルを低くしてくれるようにお願いするか、アフターケアを充分に行わないと、お肌がボロボロになってしまう恐れがあります。光脱毛は忙しい時でも行いやすいため、調子が悪かったとしても、予約を取り消したくないと思う気持ちも分かりますが、諦めた方が良いでしょう。
脱毛器は安全性をチェックしたうえで販売されているものですが、禁止されている部位や、本来の使用方法とかけ離れた使用によって機器の故障だけでなく、肌トラブルを起こすこともあります。

安全に脱毛ができるよう、使用上の注意点など同梱の冊子をしっかりと読んで、使用する際は守るようにしましょう。とくに光脱毛タイプの脱毛器の場合は、説明書通りの使用方法を守ったほうがよいです。

デリケートな人は少なめから始めて、あとから様子を見て通常の出力に近づけていくと良いかもしれません。

さいごに、使用した器具のお手入れも説明書通りに行い、次回に使うときまでの清潔を保ちましょう。脱毛サロンにどれくらいの期間通えば、脱毛が完成するのかというと1年から2年というのが一般的でしょう。
光脱毛の施術を一度受けると、次に同じ場所に処置ができるのは約2か月後となっていますから、最短でも1、2年はかかるというのが普通です。

発毛サイクルに個人差というものは殆どなく、それに沿って施術を行う必要があるので、そういった理屈を無視して月に何度も施術を受けても、脱毛効果の促進は望めません。長期間のサロン通いが必要で、しかも効果はすぐに実感できるものではありませんので、少々忍耐を必要としますが、焦っても仕方がありませんので結果を楽しみに待ちましょう。

Published in日記